ようこそ、みんなの保健体育へ

 

 

当サイトについて

 

当サイトは性に関する内容が書かれていますが、成人向けに限定していません。

 

そのため「みんなの保健体育」とタイトルにつけました。

誰もが知っておいた方がいいことを書いているつもりです。

 

スタートがブログでしたので、随筆的な記述となっていますが、

いい加減なことは書いておりませんので、ご参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

携帯からもお読みいただけます。

URLは同じ、http://cum.2box.jp/ です。

 

 

- 以下最新記事

禁煙はダイエットだ

禁煙はダイエットと同じである。 

最終的には自らの意思だけが頼りとなるからだ。 

 

 

当然ながら、きついダイエットより、簡単で楽にダイエットできた方が好まれる。 

最近よく見るのは、食べていいダイエットであり、美味しいダイエット食品のようなものである。 

しかし、高い。 

カロリーが低くて安いものがベストだろう。 

 

 

前述のとおり、禁煙とダイエットは同じなので、同じに考える。 

つまり、煙草を吸いながら禁煙しようというのである。 

 

まさに、コペルニクス的転回、あるいはコロンブスの卵。 

 

 

まあ、これまで書いていることのまとめである。 

 

 

ニコチンにより神経伝達物質の置換が起こり、それが長い間続くと、本来の分泌が減る。 

このため、ブリンクマン指数(1日の本数×喫煙年数)が高いほど禁煙しにくくなる。 

 

まず、ニコチンを減らす。 

 

そのためには、いくつかやることがある。 

普通に本数を減らすことは難しいのだ。 

ある禁煙関係の本によると、15本以下にするのは難しいのだという。 

 

なので、何段階にも分けて減らしていく。 

 

 

以下、「吸いながら禁煙」の手順である。 

 

1  煙草を換え、ヤニ取りフィルターを使う。 

  ここでは、ゴールデンバット(200円)など安煙草(旧3級品)を吸うことで、慣れた煙草ではなくし、吸うタイミングも習慣を崩すことを心がける。 

  以前、禁煙のために換えたタバコ(セブン系からピース系)が美味くて禁煙できず、それを何ヶ月か吸い続けたことがあるので、自分が不味いと思うものに換えるのが良い。 

  フィルターはヤニも減るが、どれだけ体内に入っていたかが目に見えるようになる。 

  できるだけ本数も減らし、我慢できなくなったら吸うようにする。 

  普通に吸っているのと大差なく、まだ「節煙」である。 

 

2  煙草は2回から4回吸ったら消し、以降はそのシケモクを同様に吸う。 

  もちろんフィルターを付け、シケモク(不味いはず)をちょっとだけ吸うようにする。 

  美味いと思うような喫煙をしないことがポイントである。 

  1本を何回にも分けて吸うので結果的に本数が減る。 

  できるだけ我慢して間隔を空け、禁煙中だという自覚を持つ。 

 

(きざみ)を煙管で吸う。 

  ここからは肺喫煙してはならない。 

  肺喫煙口腔喫煙は、肺呼吸エラ呼吸くらいまったく違う。 

  口腔喫煙のことを一般に「ふかす」という。 

  吸い込まず、ふかすようしたい。 

  煙管が禁煙の決め手である。 

  高い煙管を買う必要はない。 

  どうせ止めるまでの間しか使わないのだから、安物で十分である。 

  刻は「小粋」だけだが、シャグ(手巻き用煙草)を使う場合は添加物の少ないもので香料のないものを使う。 

  間違っても紙巻タバコをバラして吸ってはならないし、紙巻も吸ってはならない。(理由は後述) 

  最初は好きなだけ吸って(ただし口腔喫煙)いい。 

  慣れたら回数を減らしていく。 

 

吸わなくなる。 

  我慢できなくなるまで我慢して回数を減らし、その間隔が長くなればよいだけのこと。 

 

 

煙管にしてから、普通の煙草を吸ってみると判るが、長くて、こんなに量はいらないと思うはずである。 

しかも不味い。 

いや、もし長くないと思っても、美味いと思っても、長すぎるし不味いと思い込むのである。 

つまり、紙巻は吸いたくないと。 

実際、私は長すぎるし不味いと思うようになった。 

紙巻を吸う(習慣に戻る)のが一番禁煙には悪いのである。(禁煙とは言わなくなるが) 

 

煙管は時と場所を選ぶ。 

外では吸いにくいはずだし、路上喫煙、歩行喫煙などはできないだろう。 

それが良い。 

吸うタイミングが減る。 

だからと、外では紙巻を吸うなどというなら禁煙にはならない。 

禁煙のための煙管なのだから、吸えないところでは吸わないだけである。 

 

 

肺喫煙に対し口腔喫煙は、およそ半分のニコチンしか吸収できない。 

肺喫煙しなくなると呼吸が楽になるはずだ。 

しかも、煙草の量としても少量しか吸わないのだから、摂取されるニコチン量はかなり減るのである。 

いきなり減ると禁断症状が出るかもしれないが、時間をかけて減らしているので大丈夫だ。 

というか煙草を吸っているのだから、禁断症状が出るはずもない。 

そうこうするうちに、ニコチン依存度が低くなることが期待できる。 

禁煙できる状態にまで体を回復させるのが目的なのだ。 

 

 

小粋には10g入っていて、数日から1週間程度はもつはずである。 

仮に5日で吸ったとして、1日2g、紙巻は1本0.7gなので3本分程度にしかならない。 

捨てる部分もあるから5本程度かもしれない。 

 

もっと判りやすく言うと、煙草が410円で小粋は360円だから1日72円(5日で消費の場合)であり、煙草は4本で82円となる。 

健康面はともかく、経済面では4本以下に抑えたことになるだろう。 

いや、1箱全部吸っても410>360だが、1箱を1日で吸うのはムチャである。 

 

 

私は現時点では3の段階だが、紙巻への未練はなくなった。 

つまり、紙巻は止めた。 

これはニコチン入りガムに換えて禁煙しているのと大差ない。(口腔からニコチン摂取という点でも同じ) 

ニコチン入りガム数個分(1個80円、3個分まで絶対にならない)が1日の刻の額になったとしたら経済的ではないか。 

 

 

で、刻煙草も止めれば完全禁煙である。 

 

禁煙外来のこと

禁煙外来が大盛況らしい。 

禁煙外来に行くと煙草が止められると勘違いしている人がいる。 

明らかに間違いである。 

 

 

禁煙のために医師ができることは他の病気となんら変わらない。 

手術するわけではないので、劇的な改善もありえない。 

何に近いかというと、心療内科・精神科だろう。 

カウンセリングと処方で、はっきりいって誰でも(医師なら、と付け加えておこう、一応)できそうな内容でしかない。 

 

ある意味、ダイエットを指導するのと同じだろう。 

(これがポイント!次の記事で取り上げる) 

 

禁煙のため、ニコチン入りガムやニコチンパッチを使うことができる。 

市販もされているから、禁煙外来に行かなくても試せる。 

禁煙は、止める(吸わない)というのは自分の意思だけが頼りで、ガムやパッチはそれを楽にするためのものであって、それで禁煙できるというものではないのだ。 

 

止める気がなければ、止められないのである。 

 

そして、止める気があれば、禁煙外来に行かなくても止められるはずである。 

 

 

禁煙外来に行ったから止められたという人ももちろんいるだろう。 

止めさせるプロなのだから、止めやすいというのも嘘ではないはずだ。 

 

ただし、何の病気でもそうだが、医師の腕はピンきりである。 

ある医師ではすぐに止められるかもしれないし、他の医師だとずるずると一生禁煙外来に通うことになるかもしれない。 

腕だけでなく、相性というものもあるだろう。 

 

 

どういう医師が良いか考えてみた。 

1 喫煙経験のない医師 

2 喫煙経験があり禁煙に成功した医師 

3 禁煙と喫煙を繰り返す、つまり禁煙に失敗する医師 

4 禁煙しようと思わない喫煙者の医師 

 

ここで言う喫煙経験とは1日の本数×喫煙年数が200を超える人としたい。 

1箱を1日に吸うなら10年以上ということだ。 

これは保険適用になる数字ブリンクマン指数という。 

ニコチン依存症を治すのが目的なのだから当然だろう。 

ちなみに、私は1500を超える。 

(まったく関係ないが、ある表によると、200は戦車の強さ、1500はイージス艦の強さである) 

 

 

煙草を吸ったこともない人から、煙草を止めろと言われても説得力がない。 

よく妊産婦が、出産経験のない医師・看護師と、出産経験のある医師・看護師の言葉の説得力の違いを言う。 

男や出産経験のない人に、陣痛の痛みも出産の痛みも判るはずがない、というのだ。 

それと同じこと。 

なので、1の医師では止められないかもしれない。 

 

3・4の医師では禁煙できないかもしれない。 

反面教師だが・・・ 

医師「煙草は止められないよね」 

患者「そうですね」 

・・・止められっこない。 

3はともかく、4は論外だろう。 

 

喫煙経験があって止めた人の言葉には説得力がある。 

しかし、誰もが同じということではなく、個性もあれば環境も違う。 

自分が止められたからと偉そうに言われると逆にむかつくかもしれない。 

だが、ベストでもベターでもないが、消去法で2しか残らない。 

 

喫煙経験(ブリンクマン指数>200)があり禁煙に成功(5年以上経過)した医師がやっている禁煙外来なら良い。 

が、探しようもない・・・ 

 

 

ということで、禁煙外来に行きたい人を止めはしないが、止められるかどうかは自分次第である。 

 

煙草とニコチン

煙草をなぜ吸うのかというと、ニコチン摂取のためであり、それはニコチン依存症によるものかもしれない。 

ニコチンは依存症になりやすい薬物なのである。 

ナイアシンという三大栄養素をエネルギーに変えたり、アルコールの分解、動脈硬化予防するものがあり、それは「ニコチンアミド」と「ニコチン酸」というビタミンB群の仲間の総称だが、煙草のニコチンとは関係ない。 

 

 

 

どう働くかというと、ニコチンは脳内において神経伝達物質の代わりとなる。 

その言葉の響きは良い。 

頭がすっきりして、脳の働きも良くなるはずである。 

だが、これを続けると、本来分泌されるはずの伝達物質が出にくくなり、結果、ニコチンがないと頭が冴えない、ぼーとするということになってしまい、ニコチンが欲しいとなってしまう。 

ニコチン依存症である。(ニコ中などとも言う、ニコ厨は別の意味になる) 

覚せい剤も同じようなものなのだろうか。 

 

 

このニコチンは体内に入ると、口腔内、肺、胃などから吸収される。 

肺に入ってから脳に到達するまで8秒以内だそうだ。 

 

口腔内はいずれの場合も通ることになるが、唾液に溶けたニコチンは胃に行くことになるし、肺にまで吸い込む(肺喫煙)とより多くのニコチンが血中に溶け込む。 

口腔内で留めた口腔喫煙に対し、肺喫煙ではニコチンの血中濃度が倍程度となるそうだ。 

 

このため、肺喫煙を主とする紙巻(シガレット)を吸う人が、パイプや葉巻(これらは口腔喫煙が普通)を吸うと満足できないという。 

このため、パイプや葉巻を吸うなら、数日は紙巻を止めてから吸うべきだという人もいるくらいである。 

 

 

ニコチンはすぐに血中に溶け、脳に運ばれ、その後かなり早く代謝される。 

だからすぐに次が吸いたくなるのだ。 

 

主に肝臓で、一部は肺と腎臓で代謝され、2・3時間で半減する。 

代謝は主としてコチニンに換わり尿と一緒に排出されるが、この半減期は17時間ほどであり、検出されなくなるまで、数日を要する。 

 

 

煙草の害というと、タールや副流煙が問題だと思われがちだが、ニコチンも依存性だけでなく、かなりの悪者である。 

その毒性青酸に匹敵するのだそうだ。 

 

昔話や落語で、うわばみ(大蛇)が煙草(のヤニといわれるが)を嫌うとされるが、実際に蛇除けのために煙草の吸殻が欲しいと言われたことがあるから、蛇は本当に嫌うのだろう。 

過去に、殺鼠剤ゴキブリ駆除剤としてニコチンが使われていたこともあるという。 

本当の猛毒である。 

 

致死量は子供で10から20mg大人で50から60mgだという。(体重=血液量の違いによる) 

紙巻タバコ1本当たりでパッケージに書かれているのは1mg程度だろう。 

実はそこにマジックがある。 

実際は1本に30mgほど含まれている。 

 

つまり、紙巻タバコ1本に含まれるニコチン量は子供の致死量なのである。 

 

 

では少なくなっている数字が、どういうマジックなのか書こう。 

あのニコチン量の数値は、喫煙ロボットによるものである。 

60秒置きに、2秒間かけて35ml吸い、それをフィルターから2mmのところまで繰り返し、吸われた分から検出した数値である。 

62秒間のうちたった2秒だ。 

しかも、燃焼を早くすることで燃え尽きるのを早めることもしているという。 

このため、1mg以下の表示であっても、実際に吸い込むニコチンは2、3mgだそうだ。 

 

ニコチン含有量ではなく、ロボットが吸った量なのである。 

 

 

煙草を1本食べると致死量になるが、通常は飲み込まない場合がほとんどなので心配ないという。 

苦くて吐き出すためだが、飲み込むことがないとは限らない。 

医療機関にかかるべきは乾いた煙草を2センチ以上食べた(飲み込んだ)場合だという。 

 

ところが、ジュースの缶を灰皿代わりにして吸殻を入れておき、それを子供が間違って飲んだ場合は危険だ。 

これは飲み込んでしまうのである。 

溶け出しているため、量が掴めない。 

濡れたタバコの場合は、2センチではなく、少しであっても医療機関にかかるべきだという。 

 

応急処置として吐かせてはならない(自分で吐くのは仕方ない)し、牛乳などを飲ませてもいけないそうである。 

医療機関で、胃洗浄・腸洗浄をして、様子を見る。 

食べても24時間で排出されるため、1日経てば大丈夫だそうだ。 

 

 

それ以外にも害がある。 

気管支・肺といった呼吸器への影響は当然として、食道・胃・腸などの消化器、心臓・血管など循環器、脳や神経、肝臓や腎臓への影響などが出る。 

一説によるとマリファナより悪いそうである。 

 

 

タバコの中の悪者としてタールが代表的に挙げられるのは解りやすいからだろう。 

いかにも体に悪そうだが、それ以外を隠蔽しているようにも思われる。 

 

タバコをどのくらい吸っているかを計る目安として、一酸化炭素濃度がある。 

一般的に、多く吸う人の方が一酸化炭素濃度が高い。 

半減期は3・4時間だという。 

 

禁煙関係の本で、禁煙外来にきて吸ったことを隠すために他の人が吸っている近くにいたという嘘をつく人の話があったが、かなり解っていない。 

喫煙での一酸化炭素は直接、タバコから肺に入るのであって、それが一旦外に出ると外気と混ざり、一挙に濃度は減少する。 

タバコを吸ったのと他人が吸った傍にいたのでは濃度がまったく違うのである。 

 

一酸化炭素は酸素より200倍もヘモグロビンと結合しやすい。 

だから良いものではない。 

多量の一酸化炭素を吸入すると、酸素不足となり意識がなくなったり死に至ったりする。 

このとき顔は上気したように血色が良くなるのが、一酸化炭素中毒症状の特徴である。 

 

 

タバコには公開されているだけで数百種もの添加物があるが、非公開だが添加しているとされるものもある。 

 

 

すぐに煙草を止めるのは難しいかもしれない。 

喫煙年数が長く、数本数が多いほど依存度が高く、止めるのも難しい。 

 

せめて、本数を減らそう。 

せめて、肺喫煙をやめ、口腔喫煙にしよう。 

そうするうちに、依存度が低くなっていく・・・かもしれない。 

 

 

その辺り、「禁煙」の方で実録で書いている。 

現在進行形で、まだ禁煙準備段階-本当に止める気あるのか、というところである。