妊娠中の体重増加と産後の肥立ち

妊娠中は体重が増える。 

増えないと困るのだが、増えすぎるのも困る。 

必ず医師からどのくらいの体重増加で出産するか指導されるはずである。 

そのためにも、妊娠したと思ったら産婦人科を受診すべきだろう。 

昔と違って、今は妊婦はあまり動かないだろう。 

農作業をする人は格段に減っているだろうし、自動車を使うから歩くことも減っている。 

食料事情は良いから増えるのは当然なのである。 

 

どのくらいの増加になるかというと、赤ちゃんの分は当然として、母体にも脂肪が増える。 

 

 赤ちゃん:約3kg 

 乳房・血液増加:1.72.5kg 

 胎盤・羊水:約1kg 

 産後の育児のために蓄える脂肪:2kg程度 

 

合計:7.7~8.5kg8kg程度は増えて当たり前10kgくらいまでなら及第点である。 

出産してそのままにすると2kg体重が増えるというが、それも上記の数字から頷ける。 

女心というのは妊娠しても消えない。 

妊娠前の体重を聞かれると、大抵は少なく申告してしまうだろう。 

1、2kgくらい少なく言うことが日常的になっているかもしれない。 

そうすると、ちょっと損をするかもしれない。 

 

また、最初から太っているとそんなに増加を許してもらえない。 

増やすなと言われたり、4kgまでと言われたという人もいる。 

元の体重によって違うので、医師から指示されないと分からない。 

医師によって考え方が違うので、厳しい先生だとかなり苦労するらしい。 

何のために体重を制限するかというと、安産のためだという。 

出血が増えたり、帝王切開などでの弊害が出たりするからだそうだ。 

栄養制限(ダイエット)をするにしても、赤ちゃんへの栄養が不足しては元も子もない。 

 

このあたりも医師の指示に従うのがベストである。 

ところが、これは日本だけのようだ。 

必ずしも安産・難産と太りすぎは比例しないらしい。 

心配し過ぎてもいけない。 

もちろん、産後に元の体重に戻すのは増えすぎたほど大変だし、戻らないかもしれない。 

自己責任という訳で。 

 

産後の肥立ちという言葉がある。 

「日立ち」だと思っている人もいるかもしれない。 

意味は、産後に体を肥えさせる、つまり元に戻そうということである。 

妊娠・出産で減った(!)体重を育児できるように回復させるのが、産後の肥立ちなのだ。 

産後の肥立ちが悪く、というのは体重が増えずに憔悴してしまったということになる。 

つまりは、昔の話である。 

妊娠中に体重が減ったなら、増やすべきだろうが、増えているのだから増やす必要はない。 

かといって、過度にダイエットしても母乳の出が悪くなるのでは困る。 

適度に減らしながら赤ちゃんの世話ができるのがいいだろう。 

ということで、今では「産後の肥絶ち」というべきかもしれない。

The SEX Positions公開  <前 : 次>   腋臭症(わきが)

カテゴリ内タイトル

  • 妊娠中の体重増加と産後の肥立ち
  • 経膣分娩

SEX体位辞典

▼ PC用 ▼


▽ 携帯用 ▽