禁煙はダイエットだ

禁煙はダイエットと同じである。 

最終的には自らの意思だけが頼りとなるからだ。 

 

 

当然ながら、きついダイエットより、簡単で楽にダイエットできた方が好まれる。 

最近よく見るのは、食べていいダイエットであり、美味しいダイエット食品のようなものである。 

しかし、高い。 

カロリーが低くて安いものがベストだろう。 

 

 

前述のとおり、禁煙とダイエットは同じなので、同じに考える。 

つまり、煙草を吸いながら禁煙しようというのである。 

 

まさに、コペルニクス的転回、あるいはコロンブスの卵。 

 

 

まあ、これまで書いていることのまとめである。 

 

 

ニコチンにより神経伝達物質の置換が起こり、それが長い間続くと、本来の分泌が減る。 

このため、ブリンクマン指数(1日の本数×喫煙年数)が高いほど禁煙しにくくなる。 

 

まず、ニコチンを減らす。 

 

そのためには、いくつかやることがある。 

普通に本数を減らすことは難しいのだ。 

ある禁煙関係の本によると、15本以下にするのは難しいのだという。 

 

なので、何段階にも分けて減らしていく。 

 

 

以下、「吸いながら禁煙」の手順である。 

 

1  煙草を換え、ヤニ取りフィルターを使う。 

  ここでは、ゴールデンバット(200円)など安煙草(旧3級品)を吸うことで、慣れた煙草ではなくし、吸うタイミングも習慣を崩すことを心がける。 

  以前、禁煙のために換えたタバコ(セブン系からピース系)が美味くて禁煙できず、それを何ヶ月か吸い続けたことがあるので、自分が不味いと思うものに換えるのが良い。 

  フィルターはヤニも減るが、どれだけ体内に入っていたかが目に見えるようになる。 

  できるだけ本数も減らし、我慢できなくなったら吸うようにする。 

  普通に吸っているのと大差なく、まだ「節煙」である。 

 

2  煙草は2回から4回吸ったら消し、以降はそのシケモクを同様に吸う。 

  もちろんフィルターを付け、シケモク(不味いはず)をちょっとだけ吸うようにする。 

  美味いと思うような喫煙をしないことがポイントである。 

  1本を何回にも分けて吸うので結果的に本数が減る。 

  できるだけ我慢して間隔を空け、禁煙中だという自覚を持つ。 

 

(きざみ)を煙管で吸う。 

  ここからは肺喫煙してはならない。 

  肺喫煙口腔喫煙は、肺呼吸エラ呼吸くらいまったく違う。 

  口腔喫煙のことを一般に「ふかす」という。 

  吸い込まず、ふかすようしたい。 

  煙管が禁煙の決め手である。 

  高い煙管を買う必要はない。 

  どうせ止めるまでの間しか使わないのだから、安物で十分である。 

  刻は「小粋」だけだが、シャグ(手巻き用煙草)を使う場合は添加物の少ないもので香料のないものを使う。 

  間違っても紙巻タバコをバラして吸ってはならないし、紙巻も吸ってはならない。(理由は後述) 

  最初は好きなだけ吸って(ただし口腔喫煙)いい。 

  慣れたら回数を減らしていく。 

 

吸わなくなる。 

  我慢できなくなるまで我慢して回数を減らし、その間隔が長くなればよいだけのこと。 

 

 

煙管にしてから、普通の煙草を吸ってみると判るが、長くて、こんなに量はいらないと思うはずである。 

しかも不味い。 

いや、もし長くないと思っても、美味いと思っても、長すぎるし不味いと思い込むのである。 

つまり、紙巻は吸いたくないと。 

実際、私は長すぎるし不味いと思うようになった。 

紙巻を吸う(習慣に戻る)のが一番禁煙には悪いのである。(禁煙とは言わなくなるが) 

 

煙管は時と場所を選ぶ。 

外では吸いにくいはずだし、路上喫煙、歩行喫煙などはできないだろう。 

それが良い。 

吸うタイミングが減る。 

だからと、外では紙巻を吸うなどというなら禁煙にはならない。 

禁煙のための煙管なのだから、吸えないところでは吸わないだけである。 

 

 

肺喫煙に対し口腔喫煙は、およそ半分のニコチンしか吸収できない。 

肺喫煙しなくなると呼吸が楽になるはずだ。 

しかも、煙草の量としても少量しか吸わないのだから、摂取されるニコチン量はかなり減るのである。 

いきなり減ると禁断症状が出るかもしれないが、時間をかけて減らしているので大丈夫だ。 

というか煙草を吸っているのだから、禁断症状が出るはずもない。 

そうこうするうちに、ニコチン依存度が低くなることが期待できる。 

禁煙できる状態にまで体を回復させるのが目的なのだ。 

 

 

小粋には10g入っていて、数日から1週間程度はもつはずである。 

仮に5日で吸ったとして、1日2g、紙巻は1本0.7gなので3本分程度にしかならない。 

捨てる部分もあるから5本程度かもしれない。 

 

もっと判りやすく言うと、煙草が410円で小粋は360円だから1日72円(5日で消費の場合)であり、煙草は4本で82円となる。 

健康面はともかく、経済面では4本以下に抑えたことになるだろう。 

いや、1箱全部吸っても410>360だが、1箱を1日で吸うのはムチャである。 

 

 

私は現時点では3の段階だが、紙巻への未練はなくなった。 

つまり、紙巻は止めた。 

これはニコチン入りガムに換えて禁煙しているのと大差ない。(口腔からニコチン摂取という点でも同じ) 

ニコチン入りガム数個分(1個80円、3個分まで絶対にならない)が1日の刻の額になったとしたら経済的ではないか。 

 

 

で、刻煙草も止めれば完全禁煙である。 


禁煙外来のこと  <前 : 次>