性感染症の予防

性感染症は、正しくは性行為感染症という。 

性病はその一部で法律で決められた淋病・梅毒・軟性下疳(なんせいげかん)・第4性病(鼠径リンパ肉芽腫)の4つだけである。 

性病のうち、後2者は日本国内ではほとんどなく、海外で感染することが多いのが現状となっている。 

 

性感染症を防ぐためにはどうしたらよいだろうか。 

一番確実なのはSEXしないことである。 

それではこれを書く意味もないのだが。 

次に確実なのは、感染している人とSEX(オーラルSEXも含め)しないことである。 

が、見極められるはずもない。 

はじめるかという段になって、おもむろに口・口腔内、性器周辺、膣内や亀頭尿道口内などを検査するのはあまりよろしないだろう。 

まあ、する人もいるようだが、相手に失礼になるかもしれない。 

男性をチェックする方法として、メンソール(薄荷)などを使ってみるというのがある。 

あまり強いものは誰でも痛いが、ちょっとした量だと判定にも使える。 

オーラルSEXの際に口に薄荷液を含んで行うと良いだろう。 

女性には尿道などへの刺激が強すぎるといけないので、しない方がよさそうである。 

 

相手を限定すると性感染症にかかる確率はぐっと下がる。 

1年以上発症せず、双方が浮気をしなければ、ほぼ安全である。 

ただし、温泉・銭湯などやスポーツジム・プールなどで感染する場合もあるので、完全ではない。 

 

それ以外の方法で有効なのはコンドームである。 

避妊にもなり、性感染症予防にもなる。 

ただし、予防できるのはコンドームにシールドされた部分だけであるため、その他の部分への感染は防ぎようがない。 

 

もうひとつの方法として、よく洗うことがある。 

行為前にトイレを済ませ、よく洗う。 

口腔内も歯磨きなどで清潔にするべきだが、出血しては逆効果となる。 

行為後は、速やかに排尿により尿道内を洗浄し、接触したと思われる部分を石鹸やボディーシャンプーなどでよく洗う。 

行為前は相手を洗い(前戯にもなる)、行為後は自らが洗うと良いだろう。 

できれば、だが。 

 

女性の場合、内部は洗浄そのものが困難である。 

石鹸を付けて膣内を洗浄するのはよくない。 

細菌を全て洗い流そうとすれば、大事な乳酸菌までなくなってしまうからだ。 

そうなると、逆に雑菌の増殖を許すことになりかねない。 

つまり、当たり前のことだが、安全なものしか膣内に入れないようにすべきである。 

ペニスもそうだが、指でもその他のものでも、である。 

指から感染する病気もあり、爪によって傷つく場合もあるのだ。 

傷ついた場所は感染しやすいのである。 

一般的な性感染症に感染していると、HIV感染の確率が高まる。 

これは傷ができ、そこから感染しやすくなるからである。 

性的なことについても、性感染症についても、女性は被害者になりやすい。 

自ら身を守るように心がけて欲しいものである。 


毛じらみ症  <前 : 次>   A=キス、B=・・・