痔というのは人間には宿命とも言うべき病気である。 

直立したこと、座ること、排便がを我慢したり、排便時に座ったりしゃがんだりするためうっ血しやすいこと、刺激物を食べること、ストレスがあること、アルコールとタバコ、寿命が長い(医療がなければ平均寿命は20代になる)ことなどの理由があるだろう。 

どれも動物はしない。 

痔は人間だけにある病気なのである。 

 

痔は2種類に大別できる。 

循環器系消化器系の痔である。 

 

循環器系は血管による痔で、消化器系は腸・肛門の痔ということになる。 

簡単に言うと、前者がイボ痔(痔核)、後者がキレ痔(裂肛)だ。 

痔の種類としては痔ろうがある。 

もちろん、病院では肛門科になるので、循環器・消化器を考える必要はない。 

 

 

ここではイボ時について書いていく。 

キレ痔の人は薬局へ、痔ろうの人は病院へ、すぐに行っていただきたい。 

 

何がイボかというと血管である。 

ひとつの血管が膨張(血栓による)したものと、多くの細い血管が増殖したものがある。 

lこれを「静脈瘤(じょうみゃくりゅう)」という。 

前者は一過性で薬で治る場合が多いが、後者は薬だけでは難しい。 

 

肛門と直腸の境目を「歯状線」という。 

内臓と皮膚の境目である。 

この内側は内臓の直腸のため痛みがなく、外側は肛門のため痛みを感じる。 

当然、痛みがなく、出血などもなければ自覚症状はないことになる。 

 

歯状線の内側にできたイボ痔を「内痔核」、外側を「外痔核」という。 

患者の多くは内痔核である。 

 

内痔核にはステージが3つに分けられる。 

小さな静脈瘤の段階、大きくなった段階、外にまで出た(脱肛)段階である。 

脱肛になった場合は手術するしかない。 

また、第2ステージでも、出血が頻繁な場合などは手術を勧められるだろう。 

 

 

痔の手術はというと、簡単である。 

日帰りでもできる。 

が、地獄を見る。 

筆者の実体験(日帰り手術)である。 

 

まず、手術。 

早朝、自宅で下剤によって便をできるだけなくす。 

当然の処置である。 

で、病院へ。 

肛門を切るのではなく、肛門の内側の内痔核を切ろうと言うのである。 

どこから切るかといえば、肛門側からしかない。 

麻酔の後、思いっきり肛門を開く。 

麻酔していても激痛だが、医師曰く、「麻酔していなかったら気絶する」そうである。 

 

切っている時はチクチクとした痛みが走るが、その後は痛くない。 

麻酔が効いているからだ。 

その後に痛みが襲ってくるが、それはまだ序章に過ぎない。 

手術が終わると、すぐに帰れるが、本来は入院すべき手術なのだと後で実感した。 

 

普通の手術を考えてみよう。 

普通は傷口を清潔にして、手で触れたりもしないようにするだろう。 

が、肛門は違う。 

切って、縫合することもなく、そのまま放置となる。 

しかも、排便はしなければならない。 

固いと大変だが、下痢になると最悪だ。 

丁度良い固さの便になるように、下剤を調整して飲む。 

毎日、練りハミガキ状をベストとした便を出さないといけない。 

 

もうお分かりであろう。 

切った傷口を便が毎日通過しようというのである。 

出血もする。 

通過時に傷口を擦り、あまつさえ便が摺り込まれるのである。 

当然、激痛に苛(さいな)まれる。 

 

最初はまだ良いのだ。 

数日すると傷が治ろうとしてくるためか、毎日状況は悪化していく。 

痛み止めがあるのだが、それが座薬である。 

直接痛みに効くのは分かるが、入れるのはその痛い部分なのだ。 

盲腸の手術後に痛み止めを切った穴に入れるだろうか。 

痔の手術は入れるのだ。 

座薬より指が痛く、指の指紋がこれほど擦れるものだと知ることになる。 

他の薬もほぼ肛門からである。 

が、そういった薬は麻酔も入っていて、浣腸のような形で1本ずつチューブになっているから、入れても痛くないばかりか、痛みが治まるので入れたくなる。 

それが1月ほど続く。 

その後痛みは和らぎ、数ヶ月経つと何事もなかったようになるが、地獄の数ヶ月である。 

 

その間、刺激物やアルコールは摂れない。 

子供のような食事をするしかない。 

 

どういう風に排便するか、人によって違うかもしれないが、肛門を最後に閉じるはずだ。 

それができない。 

痛いからである。 

しかも手術で思いっきり広げていて、括約筋自体も損傷しているのだ。 

口内炎で食べ物が痛いなどというのは生易しい。 

便なんだから。 

 

ぜひシャワー付きトイレを利用したいが、水圧がかなり弱められるものでないと凶器になる。 

大きめの洗面器にお湯を溜めて、やわやわと洗ってやるくらいが丁度良い。 

 

 

手術か痔持ちか、かなり究極の選択ではある。 

しかし、悪化すれば手術しかない。 

カントン化するとすぐに切らなくてはならないから、余裕を持って肛門外科に行くべきである。 

 

手術なので医師の技量によるところが大きい。 

手術しても、再発することもあるという。 

 

他の手術や手術しない注射による治療などもある。 

ジオン(消痔霊治療)というのが平成16年から認可された。 

注射で治すというものだが、効果がない人もいるし、再発する人もいるという。 

どうするかは決断するしかないだろう。 

 

 

もし、出血しているなら、一度肛門科を受診すべきである。 

痔なのか、直腸ガンなどの他の病気なのか診断してもらった方がいい。 

直腸ガンとなると、命に関わるのだから。 


システム一新  <前 : 次>   煙草が吸いたい